MENU

アマゾンで電子書籍(kindle販売)をしたい初心者が頑張ってみた。

電子書籍

よく聞くアマゾン様のキンドル販売をやってみましたよ

最近ネットで良く見る電子書籍販売ですが、やっぱ有名なのはアマゾン様ですね~。勿論他にもあるけど今回はアマゾン様で販売してみましたよ。

まずは自分の漫画(小説)等を対応ファイルに変換

とりあえずは、自分の持ってる漫画(小説)等を対応ファイルに自力で変換しないと駄目なんですな。って事で大体電子書籍に対応しているものに色んなソフトの力を借りて変換するわけです。

(対応形式)

①Mobi ②doc ③docx ④Html(Zip等) ⑤Epub ⑥RTF(リッチテキストフォーマット)

⑦プレーンテキスト(txt) ⑧KPF

このどれかなんですが、アマゾン様とか電子書籍を販売するのに適しているのは

①Mobi形式 と ⑤Epub形式らしいです。

それって何ぞや?

って、言うのを自分が一番ちんぷんかんぷんだったので調べてみました。で…

★Mobi形式→mobi pocketの略。フランスのmobi pocket社が開発したwindowsパソコン    用の電子書籍システム。kindle販売に適している。

Epub形式→イーパブって言うらしい。Electronic PUBlicationの略。米国の電子書籍出版団体が作ったものらしい。

って、まあ、要するに電子書籍の為に色んな企業がこぞって作って下さった優れものって事なんでしょう。うん、そうそう。そゆ事。

で、何処でダウンロードするの?

それも、良く解んないんで色んなサイト様を巡って、結構色々あった中で自分が一番解り易かったソフトを自分が忘れない様にココにリンク張っておきます。

ちなみに、私の販売するものは漫画なので小説とか文章系の方には使いずらいものもあるかも…あ、紹介するものは全て無料、フリーソフトです。

“Mobi形式に変換”

ココは素直にアマゾン様からダウンロードしましょう。

www.amazon.co.jp

コレはWindows7の私のパソコンでも入ったので有り難いです。(264MBあって結構重いケド)。初めてでも親切にガイドムービーがあるのそれに従って製作すれば全然問題ないですわ。

あ、でも保存フォルダは空の物を要求されるので先に用意しておくといいかもです。

 

Epub形式”

vivibit.net

解凍して使います。画像をドロップドラックしてカスタマイズする感じです。自分ではこういうソフトを使い慣れてるせいか使い易かったですな…へへ。

でも今回は、アマゾン様で販売させて頂くもんで、アマゾン様でダウンロードしたもので製作しました。

さて、出来上がったら登録してみるか

いよいよお楽しみ?の登録作業ですな。それはコチラから登録作業を行います。

kdp.amazon.co.jp

アカウントある方(大体の人は持ってるでしょうが)それでサインインします。そこで登録したら手順通りに入力作業してくんですが、結構ややこしや。

でも、そんなに難しいわけではないんですけどね、私的に「はい?」って思った箇所をちょっとピックアップしてみようと思います。

KDP登録ってなにさ?

進んでいくと、KDPセレクトに登録する?みたいな箇所が出てくるんですが、コレ何だって思って、調べてみたらアマゾン様で独占販売しますか的な事らしいです。

登録すると現在販売しようと思ってるモノの全てをアマゾン様以外で表示してはいけない事になります。

自分のサイトで漫画とか小説をやってる方は、それは消さないといけないって事になちゃいますよね~。勿論ちょっと宣伝で画像を表示するのとか、ネット上ではない紙の出版物はOKなんですがね。それはやだな~って思う方はその箇所のチェックボックスに触らずその部分をスルーして次に進んで下さいな。

登録しない場合“ロイヤリティと価格設定”は35%になります。

勿論、登録にはメリットもあるのでそれ用に作った方は登録してもいいと思いますよ。

主なマーケットプライス

自分の本の値段を決めるんですが、ユーロとか多分色んな通貨があるんだろうね。間違えると165円で(私の漫画の値段)で設定しても、良く見たらウン万円の設定になってたりして、ビックリだよ…

なのでココは主なマーケットプラス「Amazon.co.jp」にしときましょう。販売の最低金額は99円ですよ。

銀行の登録なんだけどさ

個人的な話になっちゃうかもしれませんが。アマゾン様で自分の本が売れた場合の送金先が結構限られてしまう気がします。いや、なんつーか地方の銀行とかだと送金が上手くされない的なコメントが…その場合金額が小切手で送金されるらしんですよ。

まだ、来たことないですがネット対応の銀行も作っておいた方がいいのかな~って思ったりしちまいました。

何にしろ自分の漫画を販売出来るって嬉しいもんです♪

とりあえず、テンション上がってこの記事を作ってみましたが、自分でも解んなくなったらこの記事を辿ってこようと色々リンクとか張ってみました。

アマゾン様に限らず他の販売サイト様もちょっと使ってみたいので、またチャレンジしてみたら様子を記事にしようかと思います。

異世界へ旅をしよう

★万(よろづ)の妖怪記・アマゾンでダウンロード販売してみました★

↓興味ある方はコチラから↓

万(よろづ)の妖怪記へ