MENU

妖怪絵日記①

妖怪絵日記001

鍋って最高だよな~♪

やっぱ鍋は最高だな~。この前必死で採ってきたゼンマイと自分で作った餅巾着とか入れて煮込んで食うのが一番美味いんだよ!

何か変な妖怪が若干紛れ込んでるけどもこいつは何故か俺の鍋とか汁物に入って風呂感覚でのんびりくつろいでいるんだよな…まあ、コイツが入ると何故かいい出汁が出て鍋がグっと美味くなるから見て見ぬフリしてやってるが、良く考えてみれば俺の鍋ん中で垢落としてるワケだからフツーに考えたら嫌なカンジだよな~

ま、コイツはどうやらコンニャクの妖怪らしいから食い物と思えば別にいいけどよ…食う事はないけどさ…歩いてるし。

鍋が煮えるまで俺はいつもふて寝してるんだが…え?俺が座ってる蛙の椅子は自分で作ったのかって?はは(笑)違うんだよ。コレは“ガマの腰掛”って言う蛙の妖怪なんだよ。

作りものかと思ったか?だよな~。俺も最初家にコイツがいた時は誰かプレゼントしてくれたのかと思ったよ。ケド鳴くんだよ。「ケロ」って、ちょっとデカイ蛙みたいなガラガラした声で。コレ聞くと鳥肌立つだろ?俺もビックリしちまう。

でも、座り心地はいいんだよ、ふんわりケツにピッタリフィットして、蛙みたいなヌルヌル感は全然ないんだぜ~★このガマの腰掛って妖怪はどうやら自分の上に座って貰うのがスキらしい。ケツの部分だけ尻っぽくなってるけど其処に自分の気に入った妖怪に座って欲しいんだと。変わってるよな…俺は楽でいいケドよ…。

俺がこの家…(元々は壊れた社だった)を直している間に、気が付いたら色んな妖怪が集まってきてたんよな。俺が妖怪達を呼んだワケじゃねぇけど、何か妖怪達の溜まり場みてぇになっちまってるな~

イマイも勿論遊びにくるケドも、イマイが言うには自分が見た事が無い妖怪も結構いるって言うんだよ。

妖怪の事は自分で一杯一杯だから良く知らねぇが、なんだか人間ときより出入りが多い気がするな…。人じゃない異形な者達の出入りだけどよ。

異世界へ旅をしよう

★万(よろづ)の妖怪記・アマゾンでダウンロード販売してみました★

↓興味ある方はコチラから↓

万(よろづ)の妖怪記へ