MENU

百鬼夜行① 妖怪お化けモグラの栗吉

百鬼夜行① 妖怪お化けモグラの栗吉

一応オレ、主人公だから

とりあえず百鬼夜行てのは妖怪を紹介する場所らしいんで、一番手は主人公の俺、お化けモグラの栗吉だよ。でも言っとくけど本来は人間なんだぞ。

本名は人間だった時のだろうが、俺はその名前をマジですっかり記憶から飛ばしちまって覚えてないんだよ!だから、仮の名前で妖怪としてまず自分の事を紹介するよ。

《妖怪図鑑》

名前:お化けモグラの栗吉

種族:変化妖怪

何でかはよく解らねぇんだが、人間だった時のどうでもいいような事は覚えてるんだよな~…例えば会社の嫌いなヤツとか、プライベートで起こったイライラした出来事とか…そのクセ肝心の名前とか年齢、自分の姿形まで覚えてねぇときてる。

一年も妖怪の郷にいてさ、なんだか妖怪の方が馴染んで来てしまってんのさ。困るよな~このまま箸も上手く持てない使えないモグラの妖怪のままなんてさ~。しかも最近じゃこのモグラの妖怪の姿に自分でちょっと愛着を持っちまっている始末だ!

一応俺は人間から妖怪に変化しちまったんで“変化妖怪”って種族になるらしい。イマイの話によると、変化妖怪でも特殊な例らしく勝手に珍種とか言われてるし。

どうせ変化妖怪になるんなら漫画に出てくるようなカッコイイ天狗の妖怪とか九尾のキツネの妖怪とかクールな妖怪になりたかったよな~モグラの妖怪って…

多分人間の時もさほどの目立つヤツじゃなかったんだろうな。自分で言うのも悲しいもんだが、モグラなんてさほどカッコ良くもないし、まあ、色んなゲームとかマグカップのキャラクターでたまにいる位で、ミミズと穴掘り以外あんまり派手な活あ躍は期待できないし、多分できないな~。(この丸っこい体じゃな)

チンコロな体の割りに大飯食らいだって聞いたって?そうかな~…男なら黙ってバクバク食った方がカッコ良くね?小さい皿でお上品にチビチビ女々しく食うなんて俺は嫌なんだよな!

ま、いいや、とにかくこれからは妖怪の郷で体験した出来事を日記に書いてくつもりなんだよ。あ、そうそう、俺の体験談を読むときはココをクリックしてくれ~

 

異世界へ旅をしよう

★万(よろづ)の妖怪記・アマゾンでダウンロード販売してみました★

↓興味ある方はコチラから↓

万(よろづ)の妖怪記へ